国内外ニュース

柔道の広瀬が銀メダル以上確定 リオ・パラ第2日

 男子60キロ級で「銀」以上を確定させ、ガッツポーズする広瀬誠=リオデジャネイロ(共同)  男子60キロ級で「銀」以上を確定させ、ガッツポーズする広瀬誠=リオデジャネイロ(共同)
 リオデジャネイロ・パラリンピック第2日(8日)競技が本格的に始まり、視覚障害者による柔道では男子60キロ級の広瀬誠(愛知県立名古屋盲学校教)が決勝に進出し、銀メダル以上が決まった。同66キロ級の藤本聡(徳島県立徳島視覚支援学校職)は準決勝で敗れて3位決定戦へ回った。

 陸上男子5000メートル(視覚障害T11)決勝でロンドン大会3位の和田伸也(賀茂川パートナーズ)は6位だった。

 競泳の男子100メートル背泳ぎ(知的障害)で津川拓也(ANAウイングフェローズ・ヴイ王子)は決勝に進んだ。(共同)

(9月9日1時20分)

国際大会(9月9日)