国内外ニュース

NY原油続伸、47ドル台 供給過剰懸念が和らぎ

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク原油先物相場は大幅続伸し、指標となる米国産標準油種(WTI)の10月渡しが前日比2・12ドル高の1バレル=47・62ドルで取引を終えた。

 上げ幅は4月上旬以来5カ月ぶりの大きさだった。

 米週間石油統計で原油在庫が予想に反して大幅に減少。供給過剰懸念が和らいだ。

(9月9日7時05分)

経済(9月9日)