国内外ニュース

「同性愛者もノルウェー国民」 国王が寛容訴え

 ノルウェーの首都オスロで演説するハラルド国王=1日(ロイター=共同)  ノルウェーの首都オスロで演説するハラルド国王=1日(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】同性愛者や難民も同じノルウェー国民だ―。ノルウェーのハラルド国王(79)がこうした趣旨の発言をし、多様性への支持と寛容の精神を示したとしてネット上で大きな関心を呼んでいる。英メディアが8日までに伝えた。

 国王は1日、首都オスロでの演説で「ノルウェー人とは女性を愛する女性たち、男性を愛する男性たち、お互いを愛する男性と女性たちのことだ」と述べた。

 さらに「アフガニスタンやパキスタンからの難民、ポーランドやスウェーデン、ソマリア、シリア出身の人々もノルウェー人だ」と語った。

 ツイッターでは「感動した」「国王万歳」といった声が相次いだ。

(9月9日7時46分)

国際(9月9日)