国内外ニュース

クリントン氏9カ月ぶり記者会見 メディア対応、消極姿勢批判受け

 8日、米ニューヨーク州の空港で記者会見するクリントン氏(ロイター=共同)  8日、米ニューヨーク州の空港で記者会見するクリントン氏(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補クリントン氏は8日、東部ニューヨーク州の空港で安全保障政策について記者団に語り、質問に答えた。ワシントン・ポスト紙電子版は、メディア対応への消極姿勢を批判されたクリントン氏が「約270日ぶりに記者会見を開いた」と伝えた。

 クリントン氏が記者会見を開いてこなかったのは、国務長官時代に公務で私用メールを使っていた問題などスキャンダルの追及から逃れるためだったとみられる。共和党候補トランプ氏が「雲隠れ」などと批判したほか、米メディアも透明性を高めるよう求めていた。

(9月9日7時56分)

国際(9月9日)