国内外ニュース

北海道で非常に激しい雨の恐れ 低気圧の影響

 台風13号から変わった低気圧などの影響で、北海道で昼から夕方にかけて雷を伴い非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は9日、土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、秋田県の沖合と三陸沖にある低気圧がいずれも北北東に進んでおり、9日夜に北海道付近に進む見通し。この影響で北日本には暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっている。

 北海道では、9日昼前から夕方にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、その後も10日明け方にかけて大雨となる。

 10日午前6時までに、北海道で予想される雨量は多いところで150ミリの見込み。

(9月9日8時30分)

社会(9月9日)