国内外ニュース

全米テニス、セリーナは敗れる プリスコバとケルバーが決勝へ

 女子シングルス準決勝 セリーナ・ウィリアムズを破り決勝進出を決め、喜ぶカロリナ・プリスコバ=ニューヨーク(共同)  女子シングルス準決勝 セリーナ・ウィリアムズを破り決勝進出を決め、喜ぶカロリナ・プリスコバ=ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第11日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準決勝は第10シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)と全豪女王で第2シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が勝ち、決勝へ進んだ。プリスコバは四大大会初、ケルバーは全米初の決勝進出。

 プリスコバは第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6―2、7―6で破った。

 大会後に初の世界1位に浮上するケルバーはキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を6―4、6―3で下した。

(9月9日12時29分)

スポーツ(9月9日)