国内外ニュース

川内原発の停止、午後拒否回答 九電社長、鹿児島知事に

 九州電力は9日午後、鹿児島県の三反園訓知事が再要請した川内原発(薩摩川内市)の即時一時停止に応じないとの回答を県に伝える。瓜生道明社長が県庁を訪れ、三反園知事に回答書を手渡す。拒否回答に対し、三反園知事は即時停止要請を見送る可能性がある。

 九電は、10月以降の定期検査に加えて「特別点検」を実施し、知事が懸念する安全性の確認を徹底する方針を示す。県が求めている要支援者の避難車両の充実など安全対策にも最大限協力し、県の理解を得たい考えだ。

 川内原発について、九電は安全対策強化を約束したが一時停止は拒否したため、三反園知事が今月7日に再び停止を要請していた。

(9月9日11時00分)

科学・環境(9月9日)