国内外ニュース

空間放射線量に異常なし 北朝鮮核実験の可能性で

 原子力規制庁によると、9日午前11時半現在、全国各地で測定している空間放射線量の数値に異常はみられていない。日本海側の離島など10カ所で空間線量を測っている環境省は、計測する間隔を通常より短くし、監視を強めている。

 環境省は通常、空間線量を1時間ごとに計測しているが、午前10時すぎ、2分ごとに計測する緊急時モードに切り替えた。

 規制庁は、公共施設や原発周辺など全国約4千カ所で放射線をモニタリングしている。今後、各都道府県に設置している機器で大気中のちりなどを採取し、核実験で放出される放射性物質の濃度を調べる。

(9月9日12時40分)

科学・環境(9月9日)