国内外ニュース

MRJ、国内で飛行試験を再開 米国行き引き返し以来

 愛知県営名古屋空港を離陸するMRJの試験1号機=9日午後  愛知県営名古屋空港を離陸するMRJの試験1号機=9日午後
 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進めている国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験1号機が9日、国内で飛行試験を再開した。1号機が飛ぶのは、8月下旬に米国への飛行で引き返してから初めて。原因となった空調システムの不具合を修正し、問題の有無を確認する。

 1号機は午後0時15分ごろ、愛知県営名古屋空港を12日ぶりに離陸した。不具合があった空調システムは米国製で、米メーカーと情報交換しながら修理を進めたという。

 1号機は米国で本格的な飛行試験を行うため、8月27日と28日に名古屋空港を離陸したが、空調システムの異常で同空港に引き返した。

(9月9日12時36分)

経済(9月9日)