国内外ニュース

核実験は決議違反と中国外務次官 半島情勢緊張高まり警戒

 【北京、ビエンチャン共同】北朝鮮が5回目の核実験に踏み切ったことについて、中国の劉振民外務次官は9日、滞在先のラオスのビエンチャンで共同通信などの取材に対し「(事実とすれば)国連安全保障理事会の決議違反だ。国際社会は非難し、必要な対応を取るだろう」と述べた。また劉氏は核実験の実施は「予想外」だとの認識を示した。

 中国は度重なる制止にもかかわらず核実験を続ける北朝鮮への怒りを強める一方、朝鮮半島情勢の緊張が一層高まる恐れがあるとみて警戒している。北朝鮮に対応するため、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システムの韓国への配備作業が加速することへの懸念も強い。

(9月9日14時05分)

国際(9月9日)