国内外ニュース

18歳51%、19歳42% 参院選投票率、都市部高く

 総務省は9日、7月の参院選で新たに有権者となった18、19歳全員(約240万人)の投票率(選挙区)を調査した結果、18歳は51・28%、19歳は42・30%、18歳と19歳を合わせた投票率は46・78%だったと発表した。都道府県別で最も高かったのは東京、最低は高知で、都市部が高く、地方が低い傾向が表れた。

 地方出身者が住民票を実家に残したまま進学や就職で都市圏に引っ越し、投票に行かなかったケースや、隣接県を統合して一つの選挙区にする「合区」などが原因として考えられそうだ。

(9月9日20時56分)

政治(9月9日)