国内外ニュース

下北など新たに4地域認定 日本ジオパーク委員会

 日本ジオパーク委員会は9日、東京都内で会合を開き、珍しい地形や地質が残る自然公園「日本ジオパーク」として、下北(青森)、鳥海山・飛島(秋田、山形)、筑波山地域(茨城)、浅間山北麓(群馬)の4地域を新たに認定した。既に認定済みの箱根(神奈川)の領域拡大も認めた。

 認定は地形・地質を保護することに加え、教育や観光に生かして地域活性化に役立てるのが目的。これまでに磐梯山(福島)や立山黒部(富山)、桜島・錦江湾(鹿児島)などが認定されており、これで計43地域となった。

 今回はほかに月山(山形)と萩(山口)も選考対象とされたが、認定は見送られた。

(9月9日17時01分)

科学・環境(9月9日)