国内外ニュース

待機児童解消に都有地活用 小池知事、定員5千人増へ

 記者会見で待機児童解消に向けた緊急対策を説明する東京都の小池百合子知事=9日午後、東京都庁  記者会見で待機児童解消に向けた緊急対策を説明する東京都の小池百合子知事=9日午後、東京都庁
 東京都の小池百合子知事は9日の記者会見で、待機児童解消に向け、都有地や民有地を活用して保育所の整備を促進し、保育定員を本年度当初の計画より5千人増やすことなどを柱とした緊急対策を正式に発表した。補正予算案として126億円を28日開会予定の都議会定例会に提出する。

 緊急対策では、保育所の候補地として民有地や空き家の活用を目指す。不動産業者などと協議会をつくるとともに、副知事をトップとした都有地活用推進本部を設置し、物件を確保。整備費用や賃借料には、都独自の補助金を交付する。

 本年度中に新規整備に着手した事業者には補助金を増額する方針。

(9月9日18時01分)

政治(9月9日)