国内外ニュース

競泳の松田選手、晴れやかに引退 最後のレースも「3番」

 岩手国体の成年男子400メートル自由形で3位となり、声援に応える宮崎・松田丈志選手=9日、盛岡市立総合プール  岩手国体の成年男子400メートル自由形で3位となり、声援に応える宮崎・松田丈志選手=9日、盛岡市立総合プール
 プールから上がると、別れを告げるようにスタート台をぽんぽんとたたいた。競泳ニッポンの主軸として活躍した松田丈志選手(32)=セガサミー=が9日、盛岡市立総合プールで行われた岩手国体の成年男子400メートル自由形を最後に引退。「悔いはない」と晴れやかに、完全燃焼の競技人生に幕を下ろした。

 ラストレースで、近年は出場することが少なかった長距離種目を懸命に泳いだ。2008年北京、12年ロンドン五輪の200メートルバタフライ、リオデジャネイロ五輪の800メートルリレーで銅メダルを獲得したベテランは最後も3位。「3番には縁があった」と笑った。

(9月9日18時12分)

スポーツ(9月9日)