国内外ニュース

東京円、102円台前半

 9日の東京外国為替市場の円相場は下落し、1ドル=102円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比61銭円安ドル高の1ドル=102円20~22銭。ユーロは73銭円安ユーロ高の1ユーロ=115円20~24銭。

 朝方は前日の米長期金利の上昇に伴い、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが先行した。その後は北朝鮮の核実験報道に伴い、比較的安全な資産とされる円を買い戻す動きも出てもみ合った。

 市場では「20日からの日銀の金融政策決定会合などを控え、市場参加者は神経質になっている」(外為ブローカー)との声があった。

(9月9日18時05分)

経済(9月9日)