国内外ニュース

平和監視時計をリセット 広島原爆資料館

 北朝鮮の核実験実施で「0」にリセットされた地球平和監視時計の「最後の核実験からの日数」=9日午後、広島市の原爆資料館  北朝鮮の核実験実施で「0」にリセットされた地球平和監視時計の「最後の核実験からの日数」=9日午後、広島市の原爆資料館
 北朝鮮の5回目の核実験を受けて広島市の原爆資料館は9日、地球上で最後に核実験が行われた日からの日数を表示する「地球平和監視時計」の数字を「0」にリセットした。

 資料館1階ロビーで午後4時半、1月に北朝鮮が実施した4回目の核実験以来の日数「247」を表示していた時計を志賀賢治館長が操作し、日数を「0」に戻した。

 志賀館長は操作後に取材に応じ「(時計のリセットは)最もやりたくない仕事だ。世界の指導者はぜひ資料館を訪れ核兵器を使うとどうなるか知ってほしい」と訴えた。

 資料館によると、リセットしたのは2001年8月6日に時計を設置してから23回目。

(9月9日18時46分)

社会(9月9日)