国内外ニュース

改名「のん」舞台あいさつ アニメ声優初主演

 イベントに登場したのん=9日、東京都内  イベントに登場したのん=9日、東京都内
 「能年玲奈」から改名した女優の「のん」が、主演声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」(11月12日から公開)の東京都内での完成披露試写会で舞台あいさつした。監督らからアニメ初主演の出来を絶賛されると照れ笑いし、変わらぬみずみずしさを会場にふりまいた。

 登場したのんは、消え入るような声で「(主人公の)すずさん役をやらせていただいた、のんです」とあいさつ。カメラのフラッシュを浴びると、落ち着かない様子を見せた。

 映画は1944年、軍港の街として栄える広島・呉へ嫁いだすずが主人公の物語。

 作品の中身に話が及ぶと、のんは「戦争が生活の中に隣り合わせに入ってくるものと感じ、すごく怖いと思った。だからこそ(普通の)生活が素晴らしく、幸せに思える」と力説。主人公との共通点については「ぼうっとしていると見られるところ。だけど気が強いところがある、みたいな」と笑顔で答えた。

 原作者のこうの史代さんから「のんさんの声で物語に明るさが入り、原作にない素直さがある」とほめられたのん。片渕須直監督から、せりふについて何度も熱心に質問していたエピソードを明かされると、「しつこかったですよね」と照れていた。

(9月9日18時30分)

文化・芸能(9月9日)