国内外ニュース

母乳介し子へもナノ粒子 マウス実験、大阪大

 記者会見で説明する大阪大の東阪和馬助教=9日午後、大阪市  記者会見で説明する大阪大の東阪和馬助教=9日午後、大阪市
 製品に実用化されつつある超微細な「ナノ粒子」が母体に摂取された場合、母乳を介して子に取り込まれることを、大阪大などのチームがマウス実験で明らかにしたとして9日、記者会見した。

 チームは「授乳期を対象としたナノ粒子の安全性評価は乏しく、母乳や乳幼児への影響を評価することは不可欠」と説明している。

 粒子の大きさや素材などによって母乳へ入り込む割合が違うことも判明し、入り込まないナノ粒子の開発にもつながる可能性があるという。

(9月9日19時46分)

科学・環境(9月9日)