国内外ニュース

腫瘍化iPS細胞の除去法開発 再生医療の安全向上、京大

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を変化させて体の組織などを作る際、うまく変化しなかったiPS細胞を除去できる手法を京都大iPS細胞研究所の斉藤博英教授のチームが開発し、英科学誌電子版に9日発表した。

 作製した組織などの中に、変化しないままのiPS細胞が混じっていると、がん(悪性腫瘍)を引き起こす恐れがある。今回の手法はこうしたリスクを取り除いてから、作製した組織などを移植して治療できるため、再生医療の安全性を高められるという。

 チームは、「マイクロRNA」という微小物質に注目し、iPS細胞が持つマイクロRNAを目印にする選別法を開発した。

(9月9日18時56分)

科学・環境(9月9日)