国内外ニュース

地裁「橋下市長メールは公文書」 大阪市職員と送受信、開示相当

 橋下徹氏が大阪市長だった2012年、市職員と個別に送受信した庁内メールのうち、公文書として扱わなかった分の開示などを大阪市の服部崇博弁護士(34)が市に求めた訴訟で、大阪地裁は9日、公文書に当たると認定し、非公開とした市の決定を取り消した。

 争点は、メールが公開基準となる市条例の「組織的に用いるもの」に該当するかどうかだった。判決理由で西田隆裕裁判長は、緊急時には書面よりメールで情報伝達をすることも多いと判断し「職務命令に利用したものがあると認めるのが相当」と認定した。

(9月9日19時31分)

社会(9月9日)