国内外ニュース

日銀、マイナス金利効果大きい 総括的検証で評価へ

 日銀は9日、今月下旬の金融政策決定会合で行う緩和策の総括的検証で、マイナス金利の政策効果が金融機関の収益悪化など副作用より大きいとの結果をまとめる方向で調整に入った。日銀は検証結果を踏まえ、2%の物価上昇目標の早期達成に向けた追加緩和策としてマイナス幅拡大を軸に検討する。

 日銀は今年1月、民間銀行が日銀に預ける資金の一部に年0・1%の手数料を課すマイナス金利の導入を決定。金利を引き下げて経済活動を刺激する狙いだった。

 実際に金融市場で短期から超長期まで金利が全体的に低下した。お金を借りやすい環境をつくることができたとして、政策の有効性を評価する方向だ。

(9月9日21時25分)

経済(9月9日)