国内外ニュース

広瀬順が銅、柔道女子初 北薗、競泳小山は5位

 女子タンデム1000メートルタイムトライアル(視覚障害) 力走する5位となった鹿沼由理恵(左)。右はパイロットの田中まい=リオデジャネイロ(共同)  女子タンデム1000メートルタイムトライアル(視覚障害) 力走する5位となった鹿沼由理恵(左)。右はパイロットの田中まい=リオデジャネイロ(共同)  女子57キロ級3位決定戦 スペイン選手(下)を攻める広瀬順子=リオデジャネイロ(共同)  女子57キロ級3位決定戦 スペイン選手(下)を攻める広瀬順子=リオデジャネイロ(共同)
 リオデジャネイロ・パラリンピック第3日(9日)柔道は女子57キロ級の広瀬順子(伊藤忠丸紅鉄鋼)が3位決定戦でスペイン選手を破り、銅メダルに輝いた。柔道女子が採用された2004年アテネ大会以来、日本勢のメダルは初めて。

 男子73キロ級の北薗新光(アルケア)は3位決定戦でドイツ選手に敗れ、5位だった。

 競泳は男子50メートルバタフライ(運動機能障害S6)の小山恭輔(日鉄住金P&E)が5位で、3大会連続メダルを逃した。女子100メートル背泳ぎ(視覚障害S11)の小野智華子(あいおいニッセイ同和損保)は8位。

 日本勢のメダルは銀1、銅3の計4個。

(9月10日8時50分)

国際大会(9月10日)