国内外ニュース

眞子さま、移住80年式典に出席 パラグアイ

 【リオデジャネイロ共同】パラグアイの首都アスンシオン近郊で9日、日本人の移住80周年を記念する式典が開かれ、秋篠宮家の長女眞子さまが出席された。

 日本人の移住は1936年に始まり、移住者はアスンシオン近郊コルメナの開拓に従事。大豆を中心に農業の発展に貢献した。在パラグアイ日本大使館によると、現在、移住者とその子孫は約1万人という。

 眞子さまは式典で「移住者が多くの困難を勤勉、誠実に乗り越えてきたことに思いをはせている。パラグアイの発展に貢献し、両国友好の懸け橋になってきた移住者と子孫の皆さまに心より敬意を表する」と述べた。

(9月10日7時36分)

社会(9月10日)