国内外ニュース

全米、錦織2年ぶり決勝ならず バブリンカに敗れる

 男子シングルス準決勝 スタン・バブリンカと対戦する錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子シングルス準決勝 スタン・バブリンカと対戦する錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子シングルス準決勝でスタン・バブリンカに敗れた錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子シングルス準決勝でスタン・バブリンカに敗れた錦織圭=ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第12日は9日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で第6シードの錦織圭は第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)に6―4、5―7、4―6、2―6で敗れ、準優勝した2014年以来2年ぶり2度目の決勝進出はならなかった。

 錦織は強打のバブリンカを相手に前に出るプレーなどで1セットを先取したが、チャンスでミスが出た第2セットを奪われると、続く2セットも落とした。バブリンカとの対戦成績は2勝4敗となった。

 決勝はノバク・ジョコビッチ(セルビア)対バブリンカ。

(9月10日11時50分)

スポーツ(9月10日)