国内外ニュース

全米テニスJr、綿貫が準決勝へ ウズベキスタン選手破る

 全米オープン・ジュニアの男子シングルス準々決勝で、ウズベキスタンの選手と対戦し、リターンする綿貫陽介=ニューヨーク(共同)  全米オープン・ジュニアの男子シングルス準々決勝で、ウズベキスタンの選手と対戦し、リターンする綿貫陽介=ニューヨーク(共同)
 テニスの全米オープン・ジュニアは9日、ニューヨークで行われ、男子シングルス準々決勝で第7シードの綿貫陽介(グローバルプロTA)はウズベキスタン選手に6―4、6―1で勝ち、準決勝に進んだ。

 ダブルス準決勝で、男子の堀江亨(関スポーツ塾・T)清水悠太(兵庫・西宮甲英学院)組はカナダのペアに6―3、4―6で迎えたマッチタイブレークを9―11で落として敗れた。女子の本玉真唯(S・ONEグリーンTC)とウクライナ選手のペアは米国のペアに4―6、1―6で敗れた。(共同)

(9月10日8時56分)

スポーツ(9月10日)