国内外ニュース

仏、女5人ら複数テロ計画 イスラム国幹部が指示と検察

 【パリ共同】パリのノートルダム寺院近くでガスボンベを積載した不審車が見つかった事件で、フランス検察は9日、15~39歳の女5人を中心としたグループによる複数のテロ計画の一つだったとみられると発表した。同日までに5人を含む男女計10人の身柄を拘束し、グループを壊滅させたことも明らかにした。

 女5人は過激派組織「イスラム国」(IS)のシリアに滞在する幹部から指示され、ノートルダム寺院、パリと郊外の鉄道駅を標的にテロを計画したとされる。関係先からシリアとの交信記録や、ISに忠誠を誓った文書が押収された。

(9月10日9時47分)

国際(9月10日)