国内外ニュース

バド、タカマツペア凱旋パレード 五輪金、高橋選手出身地の奈良で

 リオ五輪の金メダルを手に、パレードで手を振るバドミントン女子ダブルスの高橋礼華選手(手前)と松友美佐紀選手=10日午前、奈良県橿原市  リオ五輪の金メダルを手に、パレードで手を振るバドミントン女子ダブルスの高橋礼華選手(手前)と松友美佐紀選手=10日午前、奈良県橿原市
 リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルスで金メダルに輝いた高橋礼華選手(26)と松友美佐紀選手(24)の「タカマツペア」の凱旋パレードが10日、高橋選手の出身地・奈良県橿原市で開かれた。

 近鉄橿原神宮前駅のロータリーでの式典後、金メダルを首から下げた2人は別々のみこしに乗り、橿原神宮まで約30分にわたりパレード。沿道に詰め掛けた市民から「おめでとう」「お帰り」と声を掛けられると、笑顔で手を振って応えた。

 松友選手は徳島県藍住町出身で、2人は仙台市の聖ウルスラ学院英智高時代にペアを結成。バドミントンの全種目を通じて日本初の金メダルを獲得した。

(9月10日11時36分)

国際大会(9月10日)