国内外ニュース

ちりから放射性物質検出されず 日本海上空で空自機が採取

 原子力規制庁は10日、北朝鮮の地下核実験を受けて、航空自衛隊の航空機が9日午後に日本海上空で採取したちりを分析した結果、実験に由来する放射性物質は検出されなかったと発表した。日本分析センター(千葉市)が調べた。

 また、全国約300地点の10日午前8時現在の空間放射線量の数値に異常が見られないことも明らかにした。

 規制庁によると、地下核実験では放射性物質が地下に閉じ込められて大気中にはほぼ放出されない。北朝鮮による過去4回の地下核実験では、日本国内で異常な放射線量が計測されたことはないという。

(9月10日12時16分)

科学・環境(9月10日)