国内外ニュース

蓮舫氏、国会議員票で過半数迫る 民進代表選、初回投票決着も

 (左から)玉木雄一郎国対副委員長、前原誠司元外相、蓮舫代表代行  (左から)玉木雄一郎国対副委員長、前原誠司元外相、蓮舫代表代行
 共同通信社は民進党代表選の投票資格を持つ所属国会議員(147人)と国政選挙の公認内定者(118人)を対象に支持動向を調査。10日現在で蓮舫代表代行(48)が国会議員の過半数に迫る73人、内定者50人の支持を固め、大きくリードしていることが分かった。序盤に行った都道府県連幹部への調査でも蓮舫氏支持が先行していることが判明しており、15日の投開票では上位2人の決選投票にならず、初回の投票で決着する可能性が高まっている。

 前原誠司元外相(54)は国会議員36人、内定者20人が推す。玉木雄一郎国対副委員長(47)は国会議員23人、内定者の7人が支援する意向だ。

(9月10日20時06分)

政治(9月10日)