国内外ニュース

高橋・松友組に総額1千万円 日本バド協会が報奨金

 リオ五輪バドミントン女子ダブルスで金の高橋礼華(右)と松友美佐紀  リオ五輪バドミントン女子ダブルスで金の高橋礼華(右)と松友美佐紀
 日本バドミントン協会は10日、東京都内で理事会を開き、リオデジャネイロ五輪で日本バドミントン界初の金メダルを獲得した女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に総額1千万円の報奨金を贈ることを決めた。それぞれ500万円ずつとなる。

 既に理事会で承認していた金額で、女子シングルス銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)には300万円を贈呈する。朴柱奉監督と女子シングルスの佐藤翔治コーチ、女子ダブルスの中島慶コーチへの報奨金も承認した。金額は公表していない。

(9月10日20時31分)

スポーツ(9月10日)