国内外ニュース

柔道正木は準決勝で敗れ3決へ 広瀬悠敗退、パラ第4日

 男子100キロ超級準決勝でウズベキスタン選手に一本負けし、引き揚げる正木健人=リオデジャネイロ(共同)  男子100キロ超級準決勝でウズベキスタン選手に一本負けし、引き揚げる正木健人=リオデジャネイロ(共同)
 リオデジャネイロ・パラリンピック第4日(10日)柔道男子100キロ超級で前回王者の正木健人は準決勝でウズベキスタン選手に一本負けし、3位決定戦に回った。90キロ級の広瀬悠は初戦で負け、敗者復活戦でも敗れた。

 陸上女子400メートル(車いすT52)の木山由加は4位だった。新採用のトライアスロンでは佐藤圭一(運動機能障害PT4)は11位。男子の木村潤平(車いす)は10位だった。車いすテニスの男女共通上下肢障害シングルスの諸石光照は準々決勝で敗退した。

 日本勢のメダルは銀1、銅3の計4個。

(9月11日1時41分)

国際大会(9月11日)