国内外ニュース

フィリピン映画に金獅子賞 第73回ベネチア国際映画祭

 ベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したフィリピン映画「ウーマン・フー・レフト」のラブ・ディアス監督=10日、イタリア・ベネチア(AP=共同)  ベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したフィリピン映画「ウーマン・フー・レフト」のラブ・ディアス監督=10日、イタリア・ベネチア(AP=共同)
 【ベネチア共同】イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第73回ベネチア国際映画祭の授賞式が10日夜(日本時間11日未明)開かれ、コンペティション部門の最高賞、金獅子賞にラブ・ディアス監督のフィリピン映画「ウーマン・フー・レフト」が選ばれた。コンペ部門に日本作品は選ばれていなかった。

 「ウーマン―」は、無実の罪で30年間服役した末に釈放された女性の報復劇で、全編白黒で展開する3時間46分の長編。

(9月11日6時55分)

文化・芸能(9月11日)