国内外ニュース

松本防災担当相、務台氏に注意 「被災者への配慮欠く」

 台風10号の被害について岩手県の達増拓也知事(右端)と意見交換する松本防災担当相=11日午前、岩手県庁  台風10号の被害について岩手県の達増拓也知事(右端)と意見交換する松本防災担当相=11日午前、岩手県庁
 松本純防災担当相は11日、務台俊介内閣府政務官が台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を視察した際、職員に背負われて水たまりを渡ったことについて「被災地、被災者の心情への配慮に欠けており、非常に不適切だった」と述べた。岩手県の達増拓也知事と県庁で会談後、記者団の取材に答えた。

 同時に、務台氏に対して「今後こんなことがないように、口頭で厳しく注意した」と説明した。

 務台氏は政府調査団の団長として1日に岩泉町を訪問。長靴を履かず、水たまりを渡る際、職員に背負われた。

(9月11日11時51分)

政治(9月11日)