国内外ニュース

仏競馬、マカヒキが優勝 凱旋門賞の前哨戦

 凱旋門賞の前哨戦の一つ、ニエル賞を制したマカヒキ(5)=シャンティイ競馬場  凱旋門賞の前哨戦の一つ、ニエル賞を制したマカヒキ(5)=シャンティイ競馬場
 フランス競馬の世界最高峰レース、凱旋門賞(10月2日)の前哨戦の一つ、ニエル賞(2400メートル芝5頭、G2)は11日、フランスのシャンティイ競馬場で行われ、クリストフ・ルメール騎乗の日本ダービー馬、マカヒキ(3歳牡馬、友道康夫厩舎)が優勝し、1着賞金7万4100ユーロ(約852万円)を獲得した。

 3歳馬限定のニエル賞は、凱旋門賞と同じコース、距離で争われた。5月29日の日本ダービー以来、約3カ月半ぶりの出走となったマカヒキは、3番手で最後の直線に入り、ゴール前で内側の馬を首差で差し切った。

 ニエル賞を日本馬が制したのは、2013年のキズナ以来で2頭目。

(9月12日0時00分)

スポーツ(9月12日)