国内外ニュース

富山市議2人、不正認める 茶菓子代の領収書偽造

 富山市議会の岡本保市議(65)=自民=は11日記者会見し、市政報告会用の茶菓子代20万円分の領収書を偽造し、政務活動費として請求していたと明らかにした。同じ会派の藤井清則市議(54)も同日、共同通信の取材に茶菓子代を水増しして政活費として請求していたことを認めた。

 市議会自民会派で、政活費の不正を認めたのは5人となった。うち2人が議員辞職している。

 岡本氏によると、2013年5月の市政報告会の茶菓子代として、ワープロソフトで領収書を自作、20万円を政活費に計上した。実際には、別の市政報告会などの茶菓子代が少なくとも10万円分含まれていたとしている。

(9月11日23時01分)

政治(9月11日)