国内外ニュース

人類学者の加藤九祚氏が死去 国立民族学博物館名誉教授

 死去した加藤九祚氏  死去した加藤九祚氏
 NPO法人ユーラシアンクラブ(東京)に入った連絡によると、シルクロード研究などに尽力した人類学者で国立民族学博物館名誉教授(北・中央アジア民族史)の加藤九祚(かとう・きゅうぞう)氏が、仏教遺跡の発掘調査のため滞在していたウズベキスタン南部テルメズの病院で現地時間11日午後、死去した。94歳。死因は不明。韓国慶尚北道生まれ。葬儀・告別式は未定。

 数日前に現地で倒れ、テルメズの病院で入院中だった。

 1944年に出征。満州で敗戦を迎え、シベリアに抑留された。75年に民博教授。ウズベキスタンの仏教遺跡で発掘調査を続けていた。

(9月12日18時30分)

文化・芸能(9月12日)