国内外ニュース

上地銅メダル、テニス女子で初 木村、鹿沼、藤田は銀

 女子タンデム個人ロードタイムトライアル(視覚障害)で銀メダルを獲得し、表彰台で笑顔の鹿沼由理恵(左)。その隣はパイロットの田中まい=リオデジャネイロ(共同)  女子タンデム個人ロードタイムトライアル(視覚障害)で銀メダルを獲得し、表彰台で笑顔の鹿沼由理恵(左)。その隣はパイロットの田中まい=リオデジャネイロ(共同)  女子シングルス3位決定戦 オランダ選手を破り、銅メダルを獲得した上地結衣=リオデジャネイロ(共同)  女子シングルス3位決定戦 オランダ選手を破り、銅メダルを獲得した上地結衣=リオデジャネイロ(共同)
 リオデジャネイロ・パラリンピック第8日(14日)車いすテニス女子シングルスの3位決定戦は日本のエースで選手団旗手の上地結衣がオランダ選手に6―3、6―3で完勝し、同競技女子初のメダルとなる銅を獲得した。

 競泳は男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)の木村敬一が1分2秒43で2位となり、今大会3個目のメダルを手にした。同50メートル平泳ぎ(運動機能障害SB3)の鈴木孝幸は4位。

 自転車は女子タンデム個人ロードタイムトライアル(視覚障害)の鹿沼由理恵と男子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C3)の藤田征樹がともに銀メダルを獲得した。

(9月15日8時20分)

国際大会(9月15日)