国内外ニュース

能の舞、イタリアの観客魅了 20年ぶり本格公演

 ローマのアルジェンティーナ劇場で上演された能の演目「土蜘」=14日(共同)  ローマのアルジェンティーナ劇場で上演された能の演目「土蜘」=14日(共同)  ローマのアルジェンティーナ劇場で行われた能楽公演で、拍手を送る観客たち=14日(共同)  ローマのアルジェンティーナ劇場で行われた能楽公演で、拍手を送る観客たち=14日(共同)
 【ローマ共同】ローマのアルジェンティーナ劇場で14日夜、能楽師の櫻間右陣さん率いる「櫻間會」による能楽公演が行われ、能の舞とユーモアに富んだ狂言で観客を魅了した。日伊国交樹立150周年の記念行事の一環で、日本大使館によるとイタリアでの本格的な能楽公演は約20年ぶりという。

 九州のキリシタン大名が16世紀後半にローマに派遣した天正遣欧少年使節にちなみ、公演はローマのほか、使節が訪れた中部の古都フィレンツェ、北部ベネチアやビチェンツァでも予定。20日のビチェンツァでの最終公演では、新作能「天正少年使節」が上演される。

(9月15日11時10分)

文化・芸能(9月15日)