国内外ニュース

25人が結核集団感染 愛媛の病院、7人発症

 愛媛県は15日、同県の西条保健所管内(新居浜市、西条市)の病院で入院患者と職員計25人が結核に集団感染し、うち40~70代の女性患者7人が発症したと発表した。7人とも容体は安定しているという。

 県によると、8月6日、別の病気で入院中の60代女性が肺結核を発症したと報告があった。この女性と接触があった他の入院患者ら66人を検査し、24人の感染が分かった。感染者は一つの病棟に限られ、拡大の可能性は低いとみて原因などを調査する。

(9月15日12時15分)

医療・健康(9月15日)