国内外ニュース

加藤紘一氏死去「本当に残念」 合同葬で安倍首相

 自民党・加藤家の合同葬で祭壇に飾られた故加藤紘一元官房長官の遺影=15日午前、東京都港区の青山葬儀所(代表撮影)  自民党・加藤家の合同葬で祭壇に飾られた故加藤紘一元官房長官の遺影=15日午前、東京都港区の青山葬儀所(代表撮影)
 9日に死去した故加藤紘一元官房長官の自民党・加藤家の合同葬が、15日正午から東京・南青山の青山葬儀所で営まれた。葬儀委員長の安倍晋三首相(党総裁)は弔辞で「あるべき日本の社会、国家像をつくるため、常に国民と心を一つにしていた先生を失ったことは本当に残念でならない」と悼んだ。

 二階俊博幹事長ら自民党幹部や、かつて「反・経世会(旧竹下派)」を掲げ「YKKトリオ」を結成した小泉純一郎元首相、山崎拓元自民党副総裁ら政財界の関係者も参列した。

 小泉氏は「なぜ首相になれなかったのか不思議だ。若い頃から非常に優秀だった。惜しい人を亡くした」と記者団に語った。

(9月15日13時31分)

政治(9月15日)