国内外ニュース

米軍チャーター機、緊急着陸 羽田に「燃料不足」と説明

 15日午前10時5分ごろ、米アラスカ州アンカレジ発横田基地行き米軍のチャーター機ボーイング767が羽田空港に緊急着陸した。国土交通省によると、米軍機から燃料不足との説明があった。羽田空港では滑走路閉鎖はなく、民間機に影響はなかった。

 横田基地広報部によると、同日午前、別の米軍機が機体トラブルのため横田基地に緊急着陸。滑走路を一時封鎖したため、同基地に着陸予定だったボーイング767に燃料不足の恐れが生じ、羽田に着陸したとみられる。

(9月15日13時21分)

社会(9月15日)