国内外ニュース

石原氏が08年に地下コンクリ案 盛り土問題、記者会見で言及

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、石原慎太郎元知事が2008年5月30日の定例記者会見で、土壌汚染対策として地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していたことが15日、分かった。

 有識者による「専門家会議」が、豊洲の敷地全体で地下2メートルまでの土壌を入れ替え、その上に2・5メートルの盛り土をするよう提言をまとめている最中で、都は提言に反して地下空間案を採用した経緯に、石原氏の意見が影響したか調べる。

(9月15日13時41分)

社会(9月15日)