国内外ニュース

民進新代表に蓮舫氏 女性初、発信力評価

 民進党の新代表を選出する臨時党大会で、支持を訴える蓮舫代表代行=15日午後、東京都内のホテル  民進党の新代表を選出する臨時党大会で、支持を訴える蓮舫代表代行=15日午後、東京都内のホテル  前原誠司元外相(左端)、岡田克也代表(中央右)、玉木雄一郎国対副委員長(右端)と手をつなぐ、民進党の新代表に選出された蓮舫代表代行=15日午後、東京都内のホテル  前原誠司元外相(左端)、岡田克也代表(中央右)、玉木雄一郎国対副委員長(右端)と手をつなぐ、民進党の新代表に選出された蓮舫代表代行=15日午後、東京都内のホテル
 民進党は15日午後の臨時党大会で、蓮舫代表代行(48)を新代表に選出した。旧民主党や旧維新の党時代を通じ、女性の党首は初。低迷する党勢の回復へ持ち前の高い発信力が評価された。次期衆院選に向け安倍政権とどう対抗するか重責を担う。党大会直前、台湾籍の離脱が済んでいないことが判明。発言の変遷で批判を招き、今後の党運営に懸念を残した。1回目の投票で前原誠司元外相(54)と玉木雄一郎国対副委員長(47)を破った。

 国会議員と国政選挙の公認内定者、地方議員、党員・サポーターによる投票結果は、蓮舫氏503ポイント、前原氏230ポイント、玉木氏116ポイントの順。

(9月15日15時16分)

政治(9月15日)