国内外ニュース

原発事故時の協力で合意 東電と東北電、避難支援

 東京電力ホールディングスと東北電力は15日、原発の事故発生時に住民の避難などを円滑に進めるため、相互に協力することで基本合意したと発表した。原発を保有する大手電力9社などは既に事故時の協定を結んでいるが、地理的に近い2社が連携することで緊急時の対応をさらに強化する。

 具体的な協力の内容は自治体などと協議して今後決めるが、住民の避難支援のほか、放射性物質のモニタリングを迅速化することなどを想定している。ほかの電力会社が協定に加わる可能性もある。

(9月15日17時21分)

科学・環境(9月15日)