国内外ニュース

蓮舫氏、党再生へ決意 「巨大与党と対峙」

 民進党の代表選を終え、気勢を上げる(右から)蓮舫新代表、玉木雄一郎国対副委員長、前原誠司元外相=15日午後、東京都内のホテル  民進党の代表選を終え、気勢を上げる(右から)蓮舫新代表、玉木雄一郎国対副委員長、前原誠司元外相=15日午後、東京都内のホテル  民進党の新代表に選出され、記者の質問に答える蓮舫氏=15日午後、東京都内のホテル  民進党の新代表に選出され、記者の質問に答える蓮舫氏=15日午後、東京都内のホテル
 民進党は15日午後、東京都内のホテルで臨時党大会を開き、所属国会議員らによる投票を経て蓮舫代表代行(48)を新代表に選出した。蓮舫新代表は就任記者会見で党再生へ決意を表明。選出直後のあいさつで「向かうべきは巨大与党だ。与党と対峙する」と訴えた。主要な役員人事の検討に着手し、16日の両院議員総会で決定する見通しだ。党内には、日本と台湾の「二重国籍」問題を抱えた蓮舫氏の代表就任への反発もあり、挙党態勢構築が課題となる。

 蓮舫氏は人事について記者会見で「まだ白紙だ。皆さんに支えてもらう代表でありたい」と述べるにとどめた。

(9月15日23時20分)

政治(9月15日)