国内外ニュース

辺野古移設16日判決、高裁支部 承認取り消しの適否焦点

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で、国が翁長雄志知事の対応の違法確認を求めた訴訟は16日午後、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で判決が言い渡される。移設先となる沿岸部の埋め立て承認を取り消した知事の処分の適否が焦点。普天間問題の議論に影響を与えるのは必至で、結論が注目される。

 辺野古移設を巡る国と県の対立に、司法判断が示されるのは今回が初。敗訴した側は上告する方針で、年度内にも言い渡される最高裁判決で決着する見通しだ。

(9月15日17時51分)

社会(9月15日)