国内外ニュース

人気漫画をポスターに起用 東京・北区、SNSで話題

 清野とおるさんのイラストで、東京都北区をPRするポスター  清野とおるさんのイラストで、東京都北区をPRするポスター  清野とおるさんの漫画で、東京都北区をPRするポスター  清野とおるさんの漫画で、東京都北区をPRするポスター
 北区に住もうよ!―。東京都北区が、都市ブランドをPRするポスターに、テレビドラマにもなった人気エッセー漫画「東京都北区赤羽」の作者清野とおるさん(同区赤羽在住)のイラストを採用し、話題になっている。

 子育てファミリー層や若年層の定住化を目指す北区が、ポスター制作を企画。清野さんが、地域・住民に寄り添った独自の視点で、他のメディアが取り上げないようなユニークな場所や人物を漫画で紹介。赤羽の知名度向上に一役買ったとして白羽の矢が立った。

 「北区に住めばいいんじゃん!」「北区に住もうよ!」など、力強いメッセージを込めた清野さんのイラストや漫画を使ったポスターを数種類作成。9月から北区内の駅や施設に掲示しているほか、期間限定で区外の主要駅にも張り出した。

 区広報課によると、報道機関から取材申し込みが相次いだのはもちろん、会員制交流サイト(SNS)でも「北区がいよいよ始めたか…」などと評判を呼んでいる。若年層を狙ったPRが奏功した格好で「赤羽以外にも、北区の良さを知ってもらうチャンス」(同課)と意気込む。

 北区とのコラボレーションを快諾した清野さんは「今の自分があるのは北区のおかげ。これからも一生北区に住みます。生まれ変わっても北区に住みたい」と熱くコメントしている。

(9月15日17時45分)

文化・芸能(9月15日)