国内外ニュース

ケネディ氏、共謀罪に期待 「大変勇気づけられた」

 ケネディ駐日米大使は15日、金田勝年法相と法務省で会談し、「共謀罪」の名称と構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案が臨時国会に提出される可能性があることについて「大変勇気づけられた。米国としても協力する」と期待を語った。

 国連が2000年に採択した「国際組織犯罪防止条約」は180カ国以上が締結しており、米国は日本も早期に締結するよう求めている。政府は、締結するには共謀罪を新設するなどの法整備が必要だとしている。

 金田法相は「法案を提出するかは未定だが、できる限り早期に提出できる環境が整えられるよう努める」と述べた。

(9月15日18時46分)

政治(9月15日)