国内外ニュース

新基準でGDP4・2%押し上げ 内閣府、19兆円増

 内閣府は15日、国際基準の変更に伴い国内総生産(GDP)の計算方法を見直した結果、2011年の名目GDPが4・2%押し上げられるとの試算を公表した。現行基準では471兆6千億円だったが、研究開発費などが加わるため、19兆8千億円押し上げられ491兆4千億円になる。

 試算は国連によるGDPの計算方法見直しを反映したもので、12月に発表する16年7~9月期の改定値から導入する。今回は基準年である11年のGDPを試算し、12月には過去22年分にさかのぼって改定する。国際基準の変更に伴い日本が計算方法を大幅に見直すのは16年ぶり。

(9月15日20時30分)

経済(9月15日)