国内外ニュース

欧州リーグ、武藤は後半途中退く 吉田、長友らフル出場

 サンテティエンヌ戦の後半、競り合うマインツの武藤(右)=マインツ(共同)  サンテティエンヌ戦の後半、競り合うマインツの武藤(右)=マインツ(共同)
 【マインツ(ドイツ)共同】サッカーの欧州リーグは15日、1次リーグが開幕し、C組でマインツ(ドイツ)の武藤嘉紀はホームのサンテティエンヌ(フランス)戦で後半24分までプレーした。試合は1―1で引き分けた。

 K組ではサウサンプトン(イングランド)の吉田麻也は3―0で勝ったスパルタ・プラハ(チェコ)戦、インテル・ミラノ(イタリア)の長友佑都は0―2で敗れたベエルシェバ(イスラエル)戦にフル出場した。

 B組のヤングボーイズ(スイス)、久保裕也はオリンピアコス(ギリシャ)戦、I組のザルツブルク(オーストリア)、南野拓実はクラスノダール(ロシア)戦にフル出場した。

(9月16日9時06分)

サッカー(9月16日)